原価管理システム>運用の流れ

トップページ 概要 導入効果 画面サンプル 入出力一覧・対応機器 ユーザー事例 製品履歴 会社案内


運用の流れ
受注入力画面
実行予算入力画面
部品表入力画面
購入品手配画面
発注書発行
加工入力画面
工程進捗画面
作業指示書発行画面
作業日報入力画面
四要素別原価問合せ画面
品目問合せ画面
見込発注の流れ


@受注入力
受注された物件の登録をいたします。
(製番などは自動発番も可能)
運用の流れ(受注から発注、仕入までの部分)
受注入力画面
実行予算入力画面
手配入力画面
   
購入入力画面 加工入力画面
   
発注入力
受入入力
A実行予算入力
受注された物件に対して実行予算金額を入力いたします。
(見積金額に対して10% OFFなど概算でもok)
B手配リスト入力
設計から出図された部品表を入力いたします。
設計からのCADデータをテキストにて取り込むこともできます。
また、前回製作した物件の明細コピーもできます。
C購入入力
手配リスト入力(部品表)で入力された部品明細から、 まず在庫部品のあるものについては在庫の引当を行います。
在庫がなく購入するものは仕入先、単価、納期などを簡単に指定して一括発注いたします。
D加工入力
手配リスト入力(部品表)で入力された部品明細から複数工程のあるもの(材料購入、社内フライス、社内旋盤、外注、ホーニング、メッキ処理など)の登録を行います。
E発注入力
購入入力、加工入力にて設定された発注前データを確認してOKであればバーコード付発注書兼納品書の発行をいたします。
F仕入入力
バーコード付発注書兼納品書が仕入先より返却されてきま したら、検品後、バーコード受入入力をいたします。